プラセンタ注射のデメリット

プラセンタドリンクの口コミランキング

プラセンタ注射は即効性が魅力ですがコストや手間の面でいくつかのデメリットが見受けられます。

プラセンタドリンクTOP > プラセンタ注射

プラセンタ注射の落とし穴

プラセンタを使用した美容法の中に、『プラセンタ注射』というものがあります。

プラセンタ注射は、その名の通り、プラセンタエキスを皮膚下に直接注入する美容法で、ハリやうるおい、弾力などをすぐに実感できる即効性が何よりの魅力となっています。

そのため、芸能人やセレブの間でもプラセンタ注射は人気を集めていますが、優れた即効性の裏に、いくつかのデメリットも存在します。

1.費用が高い

プラセンタ注射の場合、1回の注射で使用されるアンプル(容器)は2~3つが主流です。

アンプル1本あたりの費用はクリニックによって異なりますが、安いところでは1本1000円、高いところでは1本3000円ほどかかります。

そのため、1回の注射につき、安くても2000円、高ければ9000円かかると予測されます。

さらに、これに初診料や再診料などが加わるため、1回あたりのコストはおよそ4000円~11000円程度が目安となります。

プラセンタ注射はだいたい週1回くらいのサイクルで行われるので、月に換算すると16000円~44000円のコストがかかってきてしまいます。

ちなみに、美容目的でプラセンタ注射を受ける場合、健康保険の適用外なので、すべて実費となってしまいます。

2.通院の手間がかかる

プラセンタ注射は外科手術に該当するので、皮膚科やクリニックに通院して施術してもらう必要があります。

上記の通り、プラセンタ注射は週1回を目安に受けるので、毎週必ず皮膚科やクリニックに通院しなければなりません。

ある程度回数を重ねると、2週間に1回ほどでよくなりますが、それでも月に2回通院しなければならないのは、かなりの手間と時間がかかってしまいます。

3.痛みを感じる場合がある

プラセンタ注射はクリニックによって『皮下注射』と『筋肉注射』にわかれます。

このうち、筋肉注射は痛みをともなう可能性があり、注射が苦手な方にとってはやや苦痛となることも考えられます。

また、プラセンタ注射後、注射した部位が腫れたりかゆみを持ったりするケースもあり、痛みとともに難点のひとつとして数えられています。

プラセンタ注射のデメリットを解消するプラセンタサプリメント

費用と時間がかかり、痛みをともなうプラセンタ注射。そんなプラセンタ注射のデメリットを解消するのが、プラセンタサプリメントです。

プラセンタサプリメントは、即効性こそプラセンタ注射に劣るものの、費用はプラセンタ注射よりも格安ですし、わざわざ通院しなくても、ネット通販や近所の薬局などで手軽に購入することができます。

さらに、サプリメントを毎日飲むだけなので、痛みも伴わず、安心。無理せず、長く続けることが可能です。

お財布にやさしく、忙しくても長く続けられるプラセンタ美容法を求めているなら、手間ひまかかるプラセンタ注射よりも、手軽なプラセンタサプリメントの方がおすすめと言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プラセンタドリンクの口コミランキング All Rights Reserved.